看護を受けてりる女性

安全に過ごせる

介護リフォームで安心に暮らせる家

最近では住宅でより安全に暮らせる事が求められているのです。そんな中、住宅で安全に暮らせるように、介護リフォームをする人が多くなっているのです。介護リフォームは介護が必要な人が、安心してくらせるようにする改修工事のため、介護される人でなくとも、安全に暮らせるようになるのです。ここでは介護リフォームでどういった住宅を作れば、安心して暮らせるようになるのか紹介していきます。介護リフォームで重要な事は、2階建ての住宅でも介護される人の生活は、全て1階ですます事ができる事が重要です。寝室が2階にある場合、介護されれる人は寝ている事が多いため、なにか用事があるごとに1階におりてくる必要があるのです。階段は危険が多い場所なのです。

動線を考える事が大切

1階だけで生活をできるようにするために重要なのは、スペースにゆとりを作る事です。リビングや収納などのスペースを2階にもっていく事で、狭い建坪の住宅でも1階で安全に暮らす事ができるのです。特に寝室の近くにトイレを作る事が大切で、一日に何度も行く場所のためスペースもゆとりがあった方が良いのです。またダイニングスペースにも大きくとった方が良いです。ダイニングスペースにゆとりがあれば、車椅子にすわったままダイニングテーブルで、食事をとる事ができるのです。玄関には車椅子にのったまま、行けるだけの広さが必要です。特に間取りを考えるときには、曲がり角を作らずに直線で行ける場所を増やす事が重要です。このような動線を考えた介護リフォームが大切です。

注目の記事