看護を受けてりる女性

高齢化社会の日本

近年日本は高齢化社会が進んでいます。これからもお年寄りの数は増加していき、介護を必要とする人も増えていくことが予想されています。以前の家族形態なら大家族で暮らしていることが一般的だったため若い人がお年寄りの介護や世話をすることで安全に暮らすことができていました。しかし現在は高齢者だけの世帯や一人暮らしの世帯が増えており、自宅の階段や段差で転んで怪我をしたりするケースが増えてきており特に一戸建て住宅での事故が目立っています。現在のお年寄りが戦後に購入した住宅はバリアフリーなどの概念がなかったため高齢になってから暮らしにくい間取りや部屋の作りになっており現在はリフォームを検討する方も出てきました。

上記に述べたように今後は高齢者が暮らしやすい自宅にリフォームをする家庭が増えてくることが考えられます。例えば段差をできるだけなくしたり、階段のスペースを広くしたりするなどのリフォームを行い、万が一介護される時になっても介護する方が楽に世話をできるような住宅環境に変えています。現在では自分が高齢者になる前から将来の介護のことを考えて自宅をリフォームする方もいます。高齢になってから家をリフォームするのは面倒で体力的にもつらいので自分の体が元気な時に作業へ踏み切る傾向があります。今後もこのような傾向は続いていくことが予想されており、新築物件でも将来のことを考えたバリアフリーを導入した家が多く販売されることも予測されています。

注目の記事